2009年03月31日

鍵交換しないと狙われる!?

ピッキングによる犯罪がなかなかなくなりません。
ピッキング犯の多くはアジア系の外国人グループで、
アジトではピッキングツールを作ったり、
あける訓練をしているともいわれています。
(ピッキングとは工具を鍵穴に差し込んで解錠する方法)
犯罪とのいたちごっこになってしまっている現代は、
シリンダー交換をしても3年から5年の周期で見直すことが重要になってきます。
防犯性能が時代遅れになってしまい簡単に開けられてしまうからです。
posted by シリンダ at 21:26| Comment(0) | 防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。